TOP > 利用証明書PDFデータへの消費税率に関する記載の追加について(2019年10月1日〜)

利用証明書PDFデータへの消費税率に関する記載の追加について(2019年10月1日〜)

 ETC利用照会サービスにて発行が可能な利用証明書PDFデータについて、2019年10月1日から下記のとおり消費税率に関する記載を追加いたします。

 記載の対象は、利用証明書に記載される利用年月日が2019年10月1日以降のご走行です。


利用証明書

【変更前】

利用年月日が2019年9月30日まで

本利用証明書は、ETC利用照会サービ
スで印字されたものです。サービス内容
の確認は、http://www.etc-meisai.jp/
にアクセスして下さい。



【変更後】

利用年月日が2019年10月1日以降

※通行料金は消費税率10%対象です。

※本利用証明書はETC利用照会サービ
スで印字されたものです。


※利用年月日は、入口料金所で通行券をお渡しし、当該通行券の情報に基づき出口料金所で料金をいただく「入口発券方式」の高速道路においては出口料金所の通過年月日を、料金所において車種に応じた一定の料金をいただく「単純支払方式」の高速道路においては料金をいただく料金所の通過年月日を指します。
なお、首都高速道路及び阪神高速道路においては、利用年月日は入口通過年月日となります。


 入口発券方式の高速道路における通行料金については、一部の高速道路を除き、2019年9月30日23時59分までに入口料金所を通過すれば、出口料金所の通過が2019年10月1日0時00分以降であっても改定前の料金を適用させていただきます。※本件に関し、ご不明な点がありましたら、ご利用の道路会社へお問い合わせください。


ページのトップへ