TOP > ETC利用照会サービスウェブサイトにおけるTLS1.0及びTLS1.1の無効化について

ETC利用照会サービスウェブサイトにおけるTLS1.0及びTLS1.1の無効化について

平素よりETC利用照会サービスをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

当ウェブサイトでは、お客さまの通信の安全性向上を目的として、2019年度中に、インターネット通信の暗号化方式「TLS1.0」および「TLS1.1」を無効化させていただきます。

TLSとは、ウェブサイトとそれを閲覧するユーザーの間の通信を暗号化することで、第三者による通信の盗聴や改ざんを防ぐための仕組みです。今回の措置により「TLS1.0」および「TLS1.1」が無効となり、より安全性の高い仕組みである「TLS1.2」のみが有効となります。

なお、詳細な実施日程は、改めてお知らせいたします。

当ウェブサイトを今後より安全にご利用いただくために、何卒ご理解を賜りますようよろしくお願いいたします。


【影響】

TLS1.2に対応していないブラウザやOSからは、ETC利用照会サービスウェブサイトをご利用いただけなくなります。


≪影響が発生する可能性のあるブラウザ・OSの例≫

ブラウザ・OS バージョン
Internet Explorer 7以前
Google Chrome 29以前
Safari 6以前
Firefox 23以下
Android 4.4以前
iOS 4以前

※ご使用の端末によっては、上記のバージョンより新しいバージョンを使用していた場合にも影響のある可能性や上記のバージョンを使用されていた場合でも影響のない可能性もございます。


また、フィーチャー・フォン(ガラケー)では当ウェブサイトをご利用いただけなくなります。


なお、以上のブラウザ・OSバージョンよりも新しいブラウザ・OSバージョンでも、ブラウザの設定によってTLS1.2の通信が無効となっている場合がございます。

以下の手順に従って、TLS1.2の使用を有効にしてください。


≪手順≫

1.Internet Explorerを開きます。

2.「ツール」メニューの「インターネットオプション」をクリックします。

3.「インターネットオプション」ダイアログの「詳細設定」タブをクリックします。

4.「セキュリティ」カテゴリで、「TLS1.2の使用」のチェックボックスをオンにします。

5.「OK」をクリックします。

6.終了し、Internet Explorerを再起動します。




【今後も当ウェブサイトをご利用いただくために】

ご利用の端末のOSやブラウザバージョンをTLS1.2通信が可能なバージョンへ更新をお願いいたします。

なお、更新方法については各ブラウザの提供元にお問い合わせください。

※旧式の端末では、必要な更新が実施できない場合がございます。その場合は、TLS1.2通信がご利用いただける別の端末でのご利用をお願いいたします。
お持ちの端末の詳細については、各メーカーや携帯電話会社にお問い合わせください。


【同時にTLS1.0およびTLS1.1の無効化を行うウェブサイトについて】

○ETCマイレージサービス

https://www.smile-etc.jp/

○「ハイカ・前払」残高管理サービス

https://www.etc-plaza.jp/usertop.html

ページのトップへ