TOP > ETC利用照会サービスにおけるセキュリティ強化のためのパスワード設定要件の変更予定について

ETC利用照会サービスにおけるセキュリティ強化のためのパスワード設定要件の変更予定について

平素よりETC利用照会サービスをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

ETC利用照会サービスでは、利用者の皆さまに安心してサービスをご利用いただけるよう、今年度中に以下のようにセキュリティ強化策を変更予定です。

<変更内容>

旧要件(現行) 新要件(変更予定)
ID・パスワードの
同一文字列の登録
不可
最短・最長文字数の設定 4文字〜12文字 8文字〜32文字
パスワード構成要素 半角英大文字/半角英小文字
/半角数字/半角記号の内
1種類以上含ませること
半角英大文字/半角英小文字
/半角数字/半角記号の内
2種類以上含ませること

なお、上記のセキュリティ強化策実施以前でも、ログイン後の「ユーザー情報変更」にて、パスワード構成要素の組み合わせを半角英大文字/半角英小文字/半角数字/半角記号のうち2種類以上含んだ8文字以上のパスワードを設定いただくことで、新要件を満たしたパスワードをご設定いただくことが可能です。


パスワードをご変更いただく際、ログイン時にブラウザ等のオートコンプリート機能(パスワード記憶機能)をご利用のお客さまにおかれましては、新しくご設定いただいた新要件のインターネット用パスワードへご変更が必要となりますので、ご注意ください。


また、セキュリティ強化策の開始時期が決まりましたら、再度ご案内させていただきます。


利用者の皆さまには大変お手数おかけいたしますが、より安全に当サービスをご利用いただくために必要な措置となりますので、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。


<同時にセキュリティ強化策を行うサービス>

ETCマイレージサービス

ページのトップへ